【すでにホームページを開設されている医療機関の皆様へ】

医療情報サイト(求人・施設)のwメディカルは、2003年12月よりサービスを開始し、2004年12月に有料化しました。開始当初より、 インターネットによる医療機関の検索ツールとして、関心のあるエンドユーザーにご利用していただいてます(月間30万view)。※2008年4月末現在
また当サイトは社会奉仕活動の一環として積極的に基金活動を行っていますので何卒ご支援の程、よろしくお願い致します。さらに社会が必要とする最新の医療ニュースをご提供してまいります。
一方プロモーション活動を活発にしてアクセス数や情報件数を豊富にしてまいります。
従ってすでにホームページを開設されている医療機関皆様のアクセスアップの獲得や新規や既存の患者様獲得のサポートに当検索システムへのリンクをお勧めいたします。

【リンクをすれば貴院のホームページのアクセスアップが見込める理由】

Wメディカルの主要検索エンジンが優れています。
(施設を探す)例えば「クリニック・病院」であれば「地域」・「診療科目」・「病気名」・「サービス」・「キーワード」・「番号検索」など様々な角度から検索できます。
(仕事を探す)例えば「看護師」であれば、「職種」・「診療科目」・「勤務地」・「雇用形態」・「希望年収」・「キーワード」・「番号検索」など様々な角度から検索できます。
また簡易(無料)情報は写真が入ります。
それによってエンドユーザーはビジュアル感覚で情報を楽しめ掲載期間も半永久的になります(但し、掲載依頼側から中止の申し出が合った場合はストップさせていただきます)。
したがって毎月情報物件が増え続けアクセスアップいたしますので今後エンドユーザーにとって大変便利なサイトになっていきます。

【相互リンクのサイトから閲覧者が入ってくる 】

wメディカルは相互リンクが現在約1000社以上あります。
つまり約1000社のサイトからwメディカルへやってくる閲覧者も多くいます。
各検索エンジンにおいても、Yahoo!Japan(約35,000件)、Google(約7,500件)の被リンク数を持つサイトです。 またwメディカルの相互リンクは各業種別のカテゴリーに分類されていますのでこれを楽しみにやってくる閲覧者がwメディカルを見ることも多いのが特徴です。

【求人(医療従事者向けweb求人サイトとしては日本最大級です)を探すから入ってくる 】

wメディカルに掲載された病院関連のお客様が、自分達のホームページのリクルートページにwメディカルの応募フォームを利用するため、求職者に限らず 医療関連を利用するエンドユーザーが「wメディカル」ってなんだろうと関心を頂き入ってくることもあります。
ある病院ではwメディカルの応募フォームを利用し毎月300件のアクセスがでています。

【ロボット型検索エンジンや他媒体から 】

YahooJapan(ショッピングとサービス>健康>リンク集と総合情報)
Googleキーワード検索・Jワードキーワード検索等の有名検索エンジンからwメディカルを閲覧する人が多く例えば病院、看護婦などの言葉で入ってきます。
またグルメーター、美容室を探そう、あるある情報.com、スーパーリンクにパートナー広告もしています。
その他サンケイスポーツへの広告、フリーペーパー(あるあるクラブ)、DM広告で告知しています。

【特集リンクについて】

いやし・健康に関するものであれば掲載OK
ただいまの番組
欲しい人材を直接スカウト!人材検索登録
Wメディカルの情報に、貴院の情報を無料で登録

モバイル版

モバイル版も毎日更新中!
スマートフォンも対応しています。

QRコードはこちら

QRコード

ページ上部へ